30個限定。シャングリ・ラ ホテル東京の「桜ピクニックボックス」

30 boxes limited, SAKURA Picnic Box at SHANGRI-LA Tokyo, produced by Malaysian chef

プレスリリース(2017年1月23日配信)より  Food News from SHANGRI-LA Tokyo 

東京駅に隣接するシャングリ・ラ ホテル 東京にて、2017年3月15日(水)~4月15日(土)の期間中、30個限定の「桜ピクニックボックス」を販売。マレーシア人シェフがアジアンスタイルのお花見を提案する。2日前までに要予約

 アジア料理のオードブルがたっぷり詰まったテイクアウト可能な「桜ピクニックボックス」。マレーシアのクアラルンプール出身のシェフ、チー・コック・ファイ氏を中心に考案されたもので、アジアを拠点とするシャングリ・ラならではのアジアンな花見弁当になっている。

 オードブルは「ビーフサラダ」「生春巻き」「海老とビーフンのサラダ」「鶏肉のマリネ」「グリーンパパイヤサラダと蟹フレーク」「もやしとローストピーナッツ」の6種。ニンニク、赤玉ねぎ、唐辛子などを石うすでゴリゴリとつぶして作るバリ島(マレーシアにもある)の伝統的な辛味調味料サンバルでマリネした「鶏肉のマリネ」は、スパイシーでコク深い逸品。そしてデザートには「桜カップケーキ」を用意。

 数名でシェアしやすいよう各オードブルは小さなお重箱に盛りつけ、持ち運びに便利なコンパクトな三段重に組み立て。彩りを重視しながらも、スパイシーな本場の味わいで仕上げている。

 待ちに待った春。お気に入りの場所でサクラを愛でながら、テイクアウトした「桜ピクニックボックス」でアジアンスタイルのお花見を満喫してみては。

■DATA
期間: 3月15日(水)~4月 15日(土)
料金: 10,000円(消費税込) 30個限定
予約: シャングリ・ラ ホテル 東京(代表) 03-6739-7888
※2日前までに要予約。引渡しは28階ロビーにて

■シェフ チー・コック・ファイ氏
シェフとして25年に渡る経験を培い、これまでマレーシアの有名な4つ星、5つ星のホテルやレストランでキャリア積み、2009年にシャングリ・ラ ホテル 東京の副料理長に就任。芳醇な香りをもつマレーシアのスパイスを使用した伝統的なマレーシア料理をはじめ、アジア料理を専門としている。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。