マレーシアの伝統工芸品、ピューター

Traditional Malaysian Pewter, ROYAL SELANGOR

マレーシアの伝統工芸品、ピューター。錫(すず)を主成分とした金属製のアイテムで、カップやティーポット、ビアマグなど食卓を彩るテーブルウェアから、花瓶や写真たてなどのインテリア雑貨まで幅広い商品をそろえ、マレーシアを代表する土産品としても親しまれている。マレーシアでピューターといえば、真っ先に名前の挙がるブランドが「ロイヤルセランゴール(Royal Selangor)」。国王が唯一認めた由緒正しいブランドで、創業130年を誇る。純粋な錫を92%以上使った高品質さが特徴だ。クアラルンプール中心地から車で30分ほど、約300人の職人が働く工場を訪ねた。

ロイヤルセランゴール社の歴史

ロイヤルセランゴール社の創始者ヨン・クーン氏は、中国・山東省の出身。1885年、20歳の若さでマレーシアに渡り、起業した。当時、マレー半島の錫の採掘量は年間4万トンで世界1位。そのため多くの錫職人や商人が、商機とばかりにマレーシアへ。ヨン・クーン氏もそのひとりだった。

家族経営でスタートしたビジネスは、兄弟分裂などの危機に合いながらも、1992年にマレーシア国王から「ロイヤル」の称号を与えられる。現在はクアラルンプールのセタパ地区に工場を構え、約300人の職人(うち70%は女性)が働く世界最大のピューター工場となった。世界20か国以上に輸出する製品すべて、ここで生産、管理している。

同社のピューター製品は、マグカップ、茶器、花瓶、写真たてなどの実用的なアイテムから、観音像などの置物、スターウォーズやディズニーとのコラボグッズなど、じつに多彩。

マレーシアにいくと、かならずお店に立ち寄るのだが、そのたびに新商品と出会えてワクワク。ちなみに先日は、ピューター製のメモリスティックを発見! それも表面にエレガントな彫刻が施されていて、思わず見惚れてしまった。高い技術力とたえまない企業努力、それがロイヤルセランゴール社のモットーだ。

ビジターセンターを見学。ピューターの歴史を学ぶ

さて、今回の取材の目玉、工場見学の様子をレポートしよう! 工場に併設されたビジターセンターの見学ツアーは、誰でも無料で参加ができ、前日までに電話で予約をすれば、クアラルンプール中心地からの送迎も可。

dsc_0812

今回案内してくれたのは、日本語を流暢に話すメイさん。英語も中国語もペラペラの才女。まずはピューターとロイヤルセランゴール社の歴史について説明してくれた。

その昔、錫は貨幣として利用されていた。写真と合わせて説明すると、まず下・左の写真。左右に枝がツンツンと伸びているようにみえるツリー型の錫が、昔の貨幣。先端についている5円玉ぐらいの大きさのものをコインとして活用していたそうだ。中央の写真、亀やトカゲの動物を象った錫商品も貨幣の1種。重さで貨幣価値が決められていた。

そして右の写真。展示品のなかで、ひときわスポットライトを浴びて輝いていたティーポット。エレガントな流線型が美しいメロン型の紅茶ポットは「伝説のメロンポット」とよばれている。第2次世界大戦のころ、この商品のおかげで命拾いをした青年の逸話があり、幸せを運ぶラッキーポットとして、現物が今も大事に展示されている。

そのほか、伝統的な錫商品のデザインとして紹介されたのは、茶筒。日本の家庭にも茶筒はよくあるが、中国系マレーシア人にとってもお茶は日常に欠かせないもの。密閉性にすぐれ、匂いのつかないピューターの性質を好み、大事なお茶を保管していたという。

ピューター製品の作り方を学ぼう!

次に向かったのは、ピューター作りの工程を学ぶコーナー。勤続30年のマリアさんが、どろどろに溶かしたピューターを型に流し込み、ビアマグの取っ手部分を作っている工程を見せてくれた。どろどろのピューターの温度はなんと260度! そのため手袋は3枚重ね。またたく間に固まってしまうので、手早さも大事。

ピューターは、金属でありながら、程よいわからかい性質があり、そのおかげで加工しやすく、繊細なモチーフを施すことができる。表面を削ってマット調にしたり、ドット調の凹凸をハンマーでつけたり。この「ハンマリング」という加工を特別に体験させてもらった。

1枚目の写真は、職人が仕上げたもの。均等の間隔で、同じ力でたたくことで美しいドット型になる。2枚目の写真、1段ずつ順に仕上げていく職人。リズムがよくスピードも速い。そして3枚目は私がたたいたもの。む、む、むずかしい……。素人はこうなる。ドットの大きさはバラバラで、たたいた場所も均等ではない。職人のような技を習得できるには、半年はかかるという。

熟練の職人がひとつひとつ手作業でしあげる美しいフォルム。それが、金属のもつクールさのなかに、あたたかさをくわえているのだ。

ひととおり見学が終わると、ピューター作りを実際に体験できるプログラムに参加できる。これが楽しい!

好きなピューター製品を作ってみよう! 

灼熱260度のピューターの世界を体験できる「The Foundry/ザ・ファンドリー」(参加費159リンギット/所要約1時間/2名以上で開催/要予約)。このコーナーでは、じぶんで型を選んで、ブレスレッドなどのアクセサリー、ペーパーウェイトなど、好きなアイテムを自由に作ることができる。失敗したら、熱々のピューター窯に材料を戻してせば、何度でもやり直ししができるので、気楽に楽しめる。作った製品はお土産としてもらえる。

「School of Hard Knocks/スクール・オブ・ハード・ノックス」(参加費63.60リンギット/所要約30分/2名以上で開催/要予約)は、プレート状のピューターをハンマーでたたいて、カーブ状に変形させる工程が体験できる。均等にカーブさせるのはけっこう難しいが、集中してトントン叩いていると、日頃のうっぷんがすっかり消えてしまったような爽快感。プログラム体験後には、じぶんの作った商品に加えて、終了書とエプロンがもらえるので、いい思い出になる。

そして、世界No.1のアイテム数をほこる併設のショップでお買い物……の前に、ぜひ、グランドフロアにあるカフェに立ち寄って欲しい。おいしいケーキや自慢のマレーシア料理が食べられるし、あの人気商品のメロンポットでお茶が飲める。大きな窓ガラスを配した明るいカフェは、緑の木々に囲まれ、とてもリラックスできる空間。このカフェでお茶を飲みながら、ロイヤルセランゴール社の歴史に思いを馳せるのもいい。

ロイヤルセランゴール社の海外展開を支える職人たち

現在ロイヤルセランゴール社には、約40人のデザイナーが勤務している。マレーシア人のほか外国人も登用し、ときに海外ブランドとコラボすることも。また、グローバル展開をし、マレーシアのほか世界7カ国にオフィスを構え、日本では銀座の和光や日本橋の高島屋など、全国約30箇所の百貨店と提携。日本でも購入することができる。

その海外展開をささえているのが、ここの工場で働く職人たちだ。朝8時~夕方5時まで、ひたすらピューターと向き合う。その多くが勤続20年以上のベテラン。6カ月の訓練を経て、1人前になるまでは約3年以上。また、職人の70%は女性で、手先の細やかさがその理由だという。ビジターセンターには、5年以上働いた職人の手形が壁一面に誇らしげに飾られていた。

最後に、ロイヤルセランゴール社の取締役、ダティン Mun Kuen さんと記念撮影。ダティンは、初代ヨン・クーン氏のお孫さん。素敵なチャイナ服に着こなし、笑顔がとってもチャーミング。あたたかな人柄のなかに凛としたオーラも感じ、すっかりファンに。こんな人になりたい。


取材をして感じたのは、この世の中に存在するすべての事柄には歴史があり、それを支える人たちがいる、ということ。そのことを知れば知るほど、私を取り巻く世界が、色濃くなり、私に寄り添ってくる気がする。わが家にあるロイヤルセランゴールのビアマグが、取材する前よりも手になじみ、よりあたたかく感じられるのは、決して気のせいではないと思う。

取材・文・撮影 Oto Furukawa(Malaysia Food Net)
May/2016 取材

Royal Selangor Visitor Centre
http://jp.royalselangor.com/visitor-centre
住所: 4, Jalan Usahawan 6, Setapak Jaya
53300 Kuala Lumpur
Tel:  +60 3 4145 6122
Opening Hours 9am – 5pm daily

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。