「ガーデンクリニック広尾」体験レポ。英語も日本語も対応可のマレーシア人ドクター

Garden Clinic Hiroo is dermatology clinic in Tokyo, Malaysian doctor Ms Keong 

日本で活躍するマレーシア人に注目! 東京・広尾にある「ガーデンクリニック広尾」は、マレーシア人ドクターのキョン先生が2009年に開業した皮膚科・アレルギー科のクリニック。今回、ずっと気になっていた左ほっぺのシミを取りにいってきました!

顔のドアップでお恥ずかしいですが、下記写真が治療の様子。1枚目、鼻の右下にある茶色のポチが治療前。キョン先生いわく、「シミというよりも、加齢による「老人性色素班」と「脂漏性角化症」の2つの併合症状」とのこと。

「これだったら簡単に治療できるわ」とのことで、ササッと「液体窒素療法」で施して下さいました。それが2枚目の様子。マイナス195℃の液体窒素を棒に先につけ、患部にていねいにあてていきます。かかった時間はおよそ20秒。痛みは、ジワジワしみる痛さで、そうですね、ころんで膝小僧を擦りむいたとき、ぐらいかな。治療後すぐは、3枚目のように周りがほんのりピンク色になっています。

2~3日経つと色がさらに濃くなり、かさぶたに。それから2週間ほど経つと、自然にかさぶたが剥がれ、3週間後はこんな感じになりました。

色が薄くなっています! ずいぶん目立たなくなって、うれしい! 3週間、かさぶたを触らないように注意していましたが、化粧をしたり顔を洗ったりするのは、いつもどおり。日常生活への支障はまったくありませんでした。

こんな簡単にできるのなら、もっと早くからやっておけばよかった、と思った次第。だって、鏡を見るたびにずっと茶色の部分が気になっていましたから。

ちなみに、もう1回やったほうがより効果的とのことで、2回めの液体窒素療法を受けました。今は、患部はかさぶたができる前の赤い状態。あと2週間後、どれくらい色が消えるのか楽しみです。

キョン先生は、マレーシアのクアラルンプール出身。英語も日本語も中国語も堪能です。背筋をすっと伸ばした姿がとても美しくて憧れ。そして顔がめちゃ小さいです。(下記写真参照、左がキョン先生)

美容系の相談から通常の皮膚科まで、肌の悩みがある方はぜひキョン先生に。日本語が心配なマレーシア人の方にもおすすめです。

ガーデンクリニック広尾 HPはこちら
Garden Clinich Hiroo HP in English
キョン院長インタビュー

住所:東京都港区青山7-14-7 2F 
日比谷線広尾駅より徒歩12分、日本赤十字医療センターの向かい
電話:03-6427-9198
休診日:木、日祝、土午後

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。