カリッと揚げた「ロバッ」のレシピ

ロバッは、マレーシア版の揚春巻きです。五香粉が味のポイント。本来の生地は乾燥湯葉(腐竹片)で作るのですが、日本のスーパーでは売っていないのでベトナムの生春巻きの皮で利用しました。これもとってもうまし、です。お弁当、おもてなし、ビールのつまみにもってこいです。

ロバッの材料(20個分 2×5センチ)

ごま油 大さじ1
玉ねぎ 小1個 みじん切り
にんにく 1かけ みじん切り 
長ネギ 1/4本(白い部分) みじん切り
鶏ひき肉 200g 
A:
 五香粉 小さじ1
 オイスターソース 小さじ1
 砂糖 小さじ1
 塩 少々
 こしょう 少々
卵 1個
片栗粉 大さじ1
ライスペーパー 10枚

レシピ

ステップ1 中の具を作ります

フライパンでごま油を熱し、玉ねぎ、にんにく、ねぎを炒め、粗熱を取っておく。鶏ひき肉、調味料のA、卵、片栗粉、先ほど炒めた玉ねぎ・にんにく・ねぎをボールに合わせて、よくねる。

ステップ2 皮で包む

生春巻の皮は、水で戻す前に、半分の半月状にカット。皮はくっつきやすいので、ぬるま湯で1枚ずつ戻すこと。ふきんで余分な水を取ってから、棒状に包む。

ステップ3 低温から揚げます

ライスペーパーは、いきなり高温の油に入れると破裂するので、低温から徐々に温度を上げていく。キツネ色になるまで揚げる。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。