シャングリ・ラ ホテル東京の月餅

Moon Cake at SHANGRI-LA Tokyo

「月餅」4266円(税込み)。黒胡麻・小豆・栗・くるみ 各2個入り

マレーシアの中国系民族のあいだでは、中秋の名月の季節、お世話になった人や取引先の会社に感謝の気持ちをこめて、月餅を贈りあう習慣があります。この時期、ショッピングモールやレストランには月餅販売の特設売場が設けられ、箱入りの月餅が山積みに。月餅をいただくと「今年も月餅のシーズンがやってきたなぁ」と時の流れを感じたものでした。

マレーシアでは、月餅は、ひとり1個ではなく、8等分や16等分に切り分けて、みんなで食べます。ずっしりと餡の詰まった月餅は、日持ちがしますし、値段もけっこう高額。なので、みんなで大事に食べる。この心地よいティータイムが忘れられず、日本に帰国してからもつい月餅を見ると買いたくなるのです。

ここ、シャングリ・ラ ホテル東京では、中秋の名月のころはもちろんのこと、1年を通して月餅が購入可能です。贈りものにぴったりの艶やかな金色の箱に、朱色の箱で1個ずつ個別包装。ホテル名のSマークが刻印された月餅は、甘さひかえめで、とっても上品な味です。

黒胡麻、小豆、栗、くるみ。どれもおいしいのですが、わたしのおすすめは黒胡麻。香り豊かで濃厚、それでいてあと味は甘ったるくなく、それはそれは上品。先ほどマレーシアでは8等分してすこしずつ、と紹介しましたが、この月餅は、直径5センチほどの小ぶりなサイズで、ひとり1個でもペロッと食べられます。むしろ、ひとり占めにしたい味。

夕食後のリラックスタイムでも、休日の午後にゆったりお茶を飲みながらでも。そうだ、今度、お世話になったあの人の贈りものにしよう。

電話予約にて購入可能
■シャングリ・ラ ホテル 東京
電話:03-6739-7888(代表)

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。