現地ごはんツアー(終了)10月7~12日「水の町イポーで、チキンライス、飲茶、魚頭麺…中国系のマレーシア料理を味わいます」Food tour in Ipoh

yoshimisan3

Food tour イポー名物。カンポンチキン(旨みが凝縮された地鶏)、もやし、フォーファン(米麺)(写真協力Yoshimiさん)

 

マレーシアごはんの会・古川音と行く!

マレーシアごはんの旅 in イポー 6日間

Malaysian food tour in Ipoh 6 days

緑の山々が育んだ美しい水の町イポーで、チキンライス、飲茶、魚頭麺など中国系マレーシア料理を食べ尽くす!

2016年 10月7日(金)~12日(水)6日間
募集締め切り 9月2日(金)
ご旅行代金(1名様1室料金) 153,000円 (1名1室利用)

恒例の現地ごはんの旅2016(10月7~12日)は、緑の山々が育んだ美しい水の町「イポー」で、チキンライス、飲茶、魚頭麺など中国系マレーシア料理を食べ尽くします! 今回は、イポー出身のチャーさんのいとこ、バーリーちゃんに協力をいただき、例年にも増してディープなプランです。ポメロ農園、もやし栽培所見学、洞窟寺院隣接のベジタリアン、マレーシア家庭料理教室。詳細はリンク先までどうぞ(7月末まで早割)。ぜひ、この機会に、イポーへご一緒しましょう。

こちらが、現地で食べ歩く予定の料理、レストランです。

飲茶

チキンライス専門店 DSC_0922

DSC_0044

 DSC_0814

DSC_1110 DSC_0754 

DSC_0173

ポメロ農園、もやし栽培所の見学もします。また、最後の夜はクアラルンプールに戻り、ごはんツアーで毎回人気のニョニャレストランへ。(写真協力Naoさん)

■マレー系、中国系、インド系のおもに3つの民族がともに暮らす国、マレーシア。それぞれに文化や宗教が異なり、食文化も様々です。その違いは、日本人の私からみると、同じ国のなかにいながら、まるで別の文化圏にトリップしたかのようで、マレーシアに住み始めたころは非常に不思議に感じたものでした。伝統を大事にし、宗教の教えを守り、他人に干渉せず、自分の味覚を信じる国、それがマレーシア。そして、多民族共生とともに育まれた食文化は驚くほどバラエティ豊かで、味も最高においしく、イギリスの著名な旅行本が世界でNo.1のグルメタウンがある国として、マレーシアを認定したほどです。

■今回のごはんツアーは、緑の山々に囲まれたマレーシア第3の都市、イポーを巡ります。この町は、天然水が綺麗なことで有名で、チキンライス、塩チキン、河粉(フォーファン。米粉で作るつるっとした麺)、もやし(太くて水分が多く、しゃきしゃきの美味食感)、豆腐花(ふるふるつるつる)など、その美しい水で育まれた名物料理、食材が多くあります。また中国系民族が多く暮らす街で、早朝飲茶が絶品です(2店舗を食べくらべます)。また、マレーシア人に習う家庭料理、果物ポメロ農園ともやし栽培所の見学など、このツアーでしか体験できない貴重なプログラムが目白押しです。

■マレーシアごはんの会、古川音 同行のツアーです。4年の滞在経験をいかし、マレーシアごはんの会の編集人をつとめ、ローカル屋台飯から高級料理店まで現地のご飯の魅力を伝える活動をしています。プロフィールはこちらをご覧ください。

スケジュールの詳細、費用、申し込み方法などは下記にてご確認ください。

見どころ
◆美しい天然水が育んだ美食
イポーの水が綺麗なのは、町を取り囲む山々が石灰岩でできているため。雨水が山に沁み込み、それが石灰岩の性質で綺麗にろ過され、不純物の無い、美しい水になります。この水のおかげで、イポー美人は肌が白い、と言われています。

◆中華系タウンならではの飲茶文化に浸る
イポーを語る上で欠かせない、ガイドブック常連の有名店「富山茶樓」、地元の人にひそかなに人気を集める「明閣」の2店舗を食べ比べ!好みはどちら?

◆ディープな食文化体験
ごはんツア初の試み、マレーシアのベジタリアンを体験します! 洞窟神社内で、野菜onlyの食事を楽しみます。また、ポメロ農園、もやし栽培所の見学、マレーシア人に習う家庭料理教室も貴重です。

■旅行代金
1名様ご旅行代金(1名様1室料金) 153,000円 (1名1室利用)
2名様1室利用の場合 1名あたり  10,000円引き
※別途、成田航空施設料(2,610円)、現地出入国諸税(2,500円)が必要となります。

旅行スケジュール(予定)
■10/7(金) 成田 夕方 
航空機にて、クアラルンプールへ (機中泊)

■10/8(土) 
クアラルンプール 
着後、現地ドライバーによる専用車にてイポーへ

イポー
朝食は、魚ダシたっぷりの「魚頭麺」で温まりましょう。
昼食は、名物「茹でチキン」「イポーヌードル」、ふるふる「豆腐デザート」
ホテルで小休止。
夕食は、人気のレストランで「魚頭カレー」「バターチキン」「マンゴーサラダ」など。

■10/9(日)
イポー
朝食は、地元の人気店で「飲茶」を満喫。
昼食は、天然洞窟で象られた寺院内の「ベジタリアン・ランチ」。
オールドタウンのストリートアート見学、お洒落カフェ、映画系ミュージアムへ。
夕食は、人気の「麺料理」又は「海鮮料理」を予定。

■10/10(月)
朝食は、ガイドブック多数掲載の人気店で「飲茶☆Part2」を満喫。
専用車にて、「ポメロ農園」「もやし栽培所」見学。
昼食は、「カレーパン」又は「スイーツ」を予定。
中国系マレーシア人に、普段食べている家庭料理を習います。(お作り頂いた料理は早めの夕食となります)
専用車にてクアラルンプールへ

クアラルンプール
ホテル着 (ホテル着は22時ごろを予定しています)

■10/11(火)
クアラルンプール
朝食は、インド人街で「カレー朝食」。
昼食は、チャイナタウンのお洒落カフェで「ニョニャ・ラクサ」「青いナシレマ」「ドリアンスイーツ」。
チャイナタウンでお買い物、食べ歩きをお楽しみください。
夕食は、ショッピングモール「nuセントラル」で各自。スーパーでのお買い物が可能です。
夕食後、ホテルに集合し、専用車にてクアラルンプール空港へ
航空機にて、帰国の途へ

■10/12(水)
成田
着後、解散

※スケジュールは、店の営業時間、道路事情によって変更の可能性あり

利用予定ホテル: エクセシオールホテル(イポー)、アロフトホテル(クアラルンプール)
利用航空会社: マレーシア航空
最少催行人数: 8名(定員10名)

旅行実施 株式会社パーパスジャパン

募集締め切り 2016年9月2日(金)
お待ちしております!!

お問い合わせ・お申込み
株式会社パーパスジャパン 担当菊池彩子様
TEL 03-5775-1919 FAX : 03-3796-4193
Eメール kikuchi@purposejapan.com (菊池様宛て)

このツアーの特設Webサイトはこちらです
http://www.purposejapan.com/contents/malaysia/tours/PTC-04105.html

★お申込みは、上記Webサイトより、菊池様宛てにお送りください。
★ツアー内容に関しましては、古川音宛(oto@malaysiafoodnet.com)でもOKです!

ご参加申し込み、心よりお待ちしております。
みんなでマレーシアを食べつくしましょう~!

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。