東京・八丁堀 旨辛ナシゴレンの秘密は自家製のサンバルソース

マレーカンポン / Malay Kampung

dsc_0084

自家製サンバルで炒めたマレーシアのチャーハンこと、ナシゴレン1000円

東京・八丁堀、マレーシアのペラ州出身のユウシェフが腕をふるう店です。人気メニューは、自家製の辛味調味料サンバルソースで炒めた「ナシゴレン」。そして、サンバルに煮干しを加えたマレーシア風佃煮サンバルイカンビリスをごはんに混ぜて食べる「ナシレマ」。マレーカンポンのサンバルは、単に辛いだけではなく、うま味とコクがあり、1回食べるとやみつきになる味です。そのほか、にんにくと黒醤油で香ばしく炒めた麺「チャークイテオ」、鶏の漢方煮込みスープ「チクテー」、スパイスで下味をつけた「ニョニャ風唐揚げ」、ココナッツミルクでまろやかに仕上げた「チキンカレー」もファン多し。自慢のサンバルは、瓶詰にして販売も行っています。

dsc_0033

ココナッツミルクのまろやかさのなかに、スパイスの辛味がじわじわくるチキンカレー900円。ジャスミンライス、またはロティチャナイのどちらか付き

炊飯のときにココナッツミルクを入れて、ほんのり甘い香りをつけたご飯。そこに煮干しやサンバルソース、ピーナッツを混ぜて食べる。マレーシアの国民食ナシレマ1000円

p1110793

特製スパイスダレに漬けこんだマレーシア(ニョニャスタイル)の鶏から揚げ、ランチは780円でご飯付

dsc_0076マレーカンポン / Malay Kampung

住所:東京都中央区八丁堀1-4-8 森田ビル2F
電話:03-3537-6690
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00
定休日:日 ※貸切の場合は営業
席数:25席
カード:現金のみ
アクセス:日比谷線ほか八丁堀駅、茅場町駅から徒歩6~8分、JR東京駅より徒歩15分
※ハラル肉対応レストラン
Web http://www.malaykampung.com/

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。