サンハーミー

Sang Har Mee 生虾面

紅白歌合戦の大トリのような大物感!ビッグ海老麺

たとえるなら皿うどんの王様のような味。海鮮&麺好きは必食

マレーシアに暮らす日本人のあいだで、“海老麺”または“海老そば”という通称で親しまれている料理。正式名は中国語をそのまま読んで「サンハーミー」。英語で「ビッグプロウンヌードル」といっても通じますが、これが「プロウンミー」といってしまうと、あっさり海老スープ麺になってしまうので、ややこしい。この料理、かなり濃厚です。長崎皿うどんのようなパリパリの揚げ麺に、どでかい茹で海老、トロッとした餡。この餡、蟹味噌ぐらいのコクがあり、これだけでご飯2膳、ビール2本は軽くイケる。いつも、この餡と麺に夢中になってしまい、メインの具の海老はいきおいだけで食べてしまうのですが、あとから考えてみると、海老のプリプリの食感もなかなかのものです。長さ30センチ近いサイズも圧巻で、紅白歌合戦の和田アキ子さんのような存在感を放っております。そのため、最後のシメの麺として食べるには、かなりの余力を残しておかなければいけません

Memo
この巨大海老は川海老(淡水海老)で、マレーシアの中国系のシーフードレストランではよく食べられます。お値段はお高めですが、とてもおいしい。

Photo
クアラルンプール、インビ通り脇の「Soo Kee Mee Stall」、25リンギット(2~3人前)、2009年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。