ロティチャナイ

Roti Canai

日常食なのに外食。熟練の技がいるのに安価

カレー好きの朝ごはんに。24時間営業の店も多いので夜食にも

小麦粉、塩、マーガリン(またはギーと呼ばれるバターオイル)と水を合わせてよくこね、高温多湿の空気の中でしばし発酵。生地ができたら、むこうが透けて見えるぐらいに薄~く大判に伸ばし、パタンパタンと折りたたんで層のまま焼きあげる。すると、パイのようなさくさく感に加えて、もちっと伸びのあるパンになり、これにカレーソースをつけて食べるのが、ロティチャナイです。ようは、インドのチャパティやパロタといったパン系の軽食の仲間。ひじょうに人気の料理で、マレーシア人の日常食です。毎朝食べるという人も決してめずらしくありません。なのにこのロティチャナイ、家ではほとんど食べない。必ず外食します。なぜなら、薄~く生地をのばすには熟練の技が必要で、そのサクサク感を楽しむには、持ち帰りなどせず、その場で食べるのがいちばんおいしいから。目の前で生地をくるくる回す職人のおじさんの姿も、ロティチャナイをおいしく味わうための大事な要素です。この料理、注文後にひとつひとつ焼く、というけっこう手間のかかる工程なのに、価格がなんと、ひと皿50円ほどと安い!また、サディンやバナナなどの具入りのロティチャナイもあり、それはさすがに150円ぐらいなのですが、ときどきプレーン価格の50円で請求されたりするから、これまたひじょうに困る。「サディン入りだから150円よ」と訂正しないと、そのまま割引価格でスルーされたりするから申し訳なさすぎます。マレーシアはいろんな意味で、油断のできない国です。

Memo
ロティ(Roti)とは、マレーシア語で、小麦粉を水でねって焼き上げた粉物全般のこと。チャナイ(Canai)とは、回す、飛ばす、という意味がある。

Photo
クアラルンプール、「SELERA AMPANG」、ロティ・サディン3.8リンギット、2013年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。