ロジャ(果物バージョン)

Rojak

心に刻まれる。ここにしかないロジャ

通好み。日本にはない新しい料理に挑戦してみたい方に

ロジャは小腹が空いたときに食べるおやつです。インド系、中国系、ジョホール系、ペナン系と多種あり、それぞれ具やソースが違います。インド系は、パダという芋から作る揚げものと千切りのキュウリがメインの具で、柑橘系の酸味を加えたさわやかなピリ辛チリソースをかけて。中国系は、青マンゴー、ジャンブ、グアバなどの酸っぱい果物が中心で、ブラチャン(エビペースト)とタマリンドを合わせたしょっぱ甘いソースをたっぷりつけて食べます(写真)。きっとこの説明を読んだだけでは、どんな味か分からん、と思われるでしょう。でも実際に食べてみても、なんだこりゃ?という料理です。果物に茶色のソースをかけるなぞ、日本人的にありえません。でも不思議なことに、わたしが今いちばん食べたいマレーシア料理は、会社近くの屋台で売っていた中国系ロジャ。日本には絶対に無いあの味。そこにしかない味覚というのは、心に刻まれるものなのですね。

Memo
スバンジャヤ駅から車で10分、ランチ時だけに出没する軽トラ販売のインド系ロジャもおいしい。ロジャは店によって当たり外れが大きいので、人気店でトライして。

Photo
クアラルンプール、クポンの露店、4リンギット、2012年、photo by Seiko chan

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。