ロジャ(揚げ物バージョン)

Rojak ・ Passembur

シャキシャキ野菜と揚げもののコンビ

甘いソースに一瞬たじろぐが、基本的にはさっぱり味

ロジャは、色んな具にソースをかけ、混ぜて食べるおやつです。中国系(フルーツタイプ)、インド系(野菜天入り)、ジョホール系(空芯菜と干しイカ入り)など、民族や地方によっていろんなロジャがあり、それぞれ具やソースが違います。サラダと表現されることもありますが、日本人のサラダ感覚からはほど遠く、厚揚げや海老のかき揚げなども、具のひとつとしてカウントされています。今回紹介するのは、インド系のロジャ。Passembur(パッセンボー)とも呼びます。メインの具は、厚揚げなどの豆腐類、そして揚げもの。揚げものには野菜や海老が入っていはいるものの、どちらかといえば水で溶いた小麦粉を揚げたもので、小麦揚げ団子といった感じです。ペナンで食べたロジャ(写真)は、青海苔をねりこんだ小麦揚げ団子が入っていて、これはこれでおいしかった~。そこに、シャキシャキ食感のセンクアン(蕪の一種)とキュウリの千切りをざくざくのせ、店特製のソースをどばっとかけて食べます。このソース!はじめて食べたときは目がまんまるに。甘くて、ピリ辛で、そして甘い。濃厚でもあります。お店の人に聞いてみると、このソースは揚げ玉ねぎをそのままペーストにしたものだそう。たしかに揚げ玉ねぎの味がする…。ロジャにハマったら、あなたもマレーシアから抜け出せなくなるでしょう。

Memo
インド系のロジャは、サラダらしい具なのに、ソースが甘いので、サラダというよりもおやつ向き。ただお店によっては、さっぱりチリソースがかかっているときもある。ペナンは、ガーニードライブの屋台街にあるロジャ(パッセンボー)店も有名。「ロジャ~ロジャ~」と歌いながら盛り付けしてくれる。

Photo

ペナン、3リンギット、2016年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。