アイスカチャン

Ice Kacang / Ais Kacang

豆、コーンなど具だくさんなかき氷。栄養のバランスも考慮済み?!

カラフルすぎる見た目に怖気づくなかれ。ほくほく豆入りで食べやすい

マレーシアのかき氷は、具だくさんでカラフル。これでもかっという具合にいろんな具が入っていて、まるで宝探しのようです。多彩なかき氷のなかで、いちばんポピュラーなのが「アイスカチャン」。カチャンとは豆のことで、豆入りのかき氷。日本の宇治金時にも小豆が入っていますが、アイスカチャンにおける豆の重要度は、宇治金時のそれを超えています。まず、豆の種類が多い。甘く煮た小豆、食べごたえのある金時豆、さらにカリカリにローストしたピーナッツも立派な“豆類”にカウント。豆以外の具は個性派ぞろいで、黄色に輝くとうもろこし、ほんのり苦い漢方系の仙草ゼリー、透明な木の実など。これらの食感も味も異なる具が、ひとつのかき氷として成り立っているのは、“豆類”の大きな包容力によるもの。豆、さすがです! アイスカチャンにはこんなにもたくさんの具が入っているので、ときどき「マレーシア人はかき氷で栄養補給しているのかも」と思います。実際、常夏の気候では、氷はあっという間に溶けて、砂糖水のなかに豆たちがぷかぷか浮いている状態に。かき氷、もとい、豆入りの冷たいジュースになっても楽しめるのは、具がたっぷり入っているから。そうか、具だくさんなのは、ひんやりおやつを常夏で楽しむための知恵だったんだ!

Memo
具入りのかき氷のことを「ABC」という。「Ais Batu Campur」の頭文字をとったもので、「アイスバトゥ」は「氷」、「チャンプルー」は「混ぜ混ぜ」。そのABCのなかのひとつが、アイスカチャン。具やシロップの種類は店によって異なり、シロップはローズ味やサーシ味がポピュラー。練乳をかけたり、アイスクリームをのせたりすると、割高になる。

Photo
イポー、3.5リンギット、2015年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。