フィッシュボールヌードル

Fish Ball Noodle 魚丸麺

プリプリの魚のすり身が口のなかで弾ける

あっさりスープが、ぷりんとしたすり身を際立たせます

マレーシア人は、フィッシュボール(白身魚のすり身)にかなりのこだわりがあります。たとえるなら、日本ではお正月以外は脇役に徹するかまぼこに「ここでなきゃ!」と毎回行きつけの店があるようなものです。このフィッシュボールを具のメインに掲げた麺料理がこれ。合わせる麺は、米麺のクイティオだったり、短い麺のローシーファンだったり。あくまでもメインは、フィッシュボールです。さてわたし、結構なすり身好きではありますが、たかがフィッシュボールにそんなに違いはなかろう、と思っておりました。しかし、そうではなかった! 友人に連れて行ってもらった店のフィッシュボールは、今まで味わったことのないプリンツルンとした食感。きっと、手でつかんでエイッと投げたら、スーパーボールのようにビニョーンと弾むに違いない。口のなかで噛むごとに踊るように弾けるんです。また、フィッシュボールではなく、フィッシュケーキとよばれているメニュー、これはマレーシア版の薩摩揚げで、注文後に高温の油で素揚げし、熱々の状態でテーブルに運ばれてきます。これがたまらんです。おろししょうがと醤油をつけたくなります。魚のすり身って、奥が深いんですね~。

Memo
この絶品フィッシュボールと揚げたてフィッシュケーキが味わえるのは、ブキビンタン近くプドゥの店(下記店名)。ローカルごはん通Sさんの調査により発見された。

Photo
クアラルンプール、プドゥの「Restaurant Ah Koong」、5リンギット、2009年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。