チーチョンファン(KLバージョン)

Chee Chong Fun 豚腸粉

姫の肌のように真っ白で艶のある蒸し麺

クアラルンプールのチーチョンファンは味噌味&カレー味

チーチョンファン。同じメニュー名でも、クアラルンプール、ペナン、そして香港飲茶のメニューで見かけるものはすべて別物です。ここで紹介するのはクアラルンプールでよく見かける(わたしがよく食べていた)チーチョンファン。麺の本数を選び、好きな具を選び、カレー系のソースか、赤味噌のような甘辛いソースをかけて食べます。この麺、食感がかなり特徴的。ツルン、ムニュッとしたやわらかさは、キメの細かい白玉団子みたい。米粉を水で溶き、正方形型に薄く伸ばして蒸して、それをくるりと丸めて筒状にしてカット、とたいへん作るのに時間のかかった麺なのです。こんなすばらしい料理にも関わらず、丸めた形が豚ちゃんの腸みたいだからと、この名前が付けられているのがなんとも、マレーシアらしい。ちなみに、いつも食べていた屋台のおばちゃん、日本に住んでいたことがあり、毎回カタコトの日本語で話しかけてくれました。わたしにとってのチーチョンファンは、あのおばちゃんの笑顔がセットになっています

Memo
クアラルンプールのチーチョンファンは、さつま揚げに似た魚のすり身を具に入れる。きっと、さぬきうどんのように生姜醤油で食べてもおいしいはず。

Photo
クアラルンプール、クポンのホーカーストア、5リンギット、2009年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。