チャークイティオ

Char kway Teow 

海老、腸詰め、卵。具だくさんな豪華焼き麺

コクのある辛味と香ばしいにんにく味。男性のファン多し

マレーシア全土で食べられている人気の麺。「チャー」は炒める(中国語)、「クイティオ」は米の麺を指します。幅広の米麺は、日本のきし麺よりもモッチリネットリしていて、それを香ばしい辛味調味料であるサンバルソースで炒めたものがチャークイティオ。日本の焼きそばぐらいメジャーな料理です。忘れられない味は、ブキビンタンにある屋台。どこからどう見ても、ふつうの小汚い(失礼)屋台なのですが、香港の有名歌手が訪れたという噂があるほどの人気店。運ばれてきてびっくり、とにかく具が贅沢なんです。プリプリ食感の大ぶりの海老、脂がじゅわっと染み出る腸詰め、味の濃い赤貝、シャキシャキのもやし、ふわふわのとき卵。そして食べ進めるごとに口の中で存在を主張するこのカリカリ感……ん?豚の脂身だ!揚げた3ミリ角の豚の脂身が、隠れキャラのようにときどき出現し、カリッと噛めばジュワッと脂が溶け出します。うまし! よくよく考えたら、油をたっぷり吸った麺に、豚の脂身がのっているわけですから、鼻血が出そうなくらいハイカロリーなひと皿ですが、おいしいので目をつぶります。

Memo
どの屋台群にもあるチャークイィテオですが、味はてんでバラバラ。油っこかったり、具がおそまつだったりと失敗もあります。注文客の多い店で頼めば、たぶん大丈夫。またペナン発祥の料理と言われ、ペナンの屋台はどこで食べてもおいしいです。

Photo
クアラルンプール、クポンの小さな屋台、3.5リンギット、2009年

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。