Foodex Japan 2017 マレーシア関連ニュース

Malaysian food product at FOODEX Japan 2017 

幕張メッセで開催されたアジア最大の食の祭典「FOODEX 2017」(開催期間3月8~10日)。マレーシア食品関連の注目トピックをレポートします。

Topic 1  マレーシアの食品メーカー「Way(ウェイ)」が日本へ

自宅で簡単にマレーシア&シンガポール料理が作れる「Way」のソースが、日本向けに商品化。扱うソースは、チリクラブ、アッサムペダス、オタオタ、ビーフレンダン、チキンカレーの5種類。どれもマイルドな辛さ(チキンカレーはジワジワ後から辛さがくる)で、アジア料理初心者でも食べやすい味になっています。

販売価格は600円程度(4~6人前)、「協同食品株式会社」での取り扱い。小売り販売はこれから検討、とのこと

注目は「オタオタ~エスニック茶わん蒸しの素~」。わたしは自他ともに認めるオタオタ好きで、興味深々。試食してみると、清涼感のあるハーブの香りが広がり、ふわっとした軽い食感が楽しい! アジア料理のペーストといえば、メイン系の存在感バリバリのものが多いのですが、これは前菜や副菜として、いろんなシーンで活用できそうです。

ちなみに、瓶のラベルには「シンガポール料理 / Singapore」と書かれていますが、「Way」はマレーシアの食品メーカーで、ペナン出身のファミリーが経営。そしてレシピ協力は、ダンディーなマレーシア人シェフが腕をふるう大阪のマレーシア料理店「ケニーアジア」。マレーシアとシンガポールは同じ料理が多いので、日本で知名度の高いシンガポールという名が採用された、とのこと。

Topic2 世界1位に輝いたマレーシアのインスタント麺が日本上陸

2014年、アメリカのラーメンブロガーが「世界で一番おいしいインスタント麺」と発表したことから、マレーシアで一世を風靡したMyKuali社の「ペナン・ホワイトカレーミー」。この話題作が、とうとう日本で販売。パッケージと商品名を新たに、箱入りの高級インスタント麺として市場へ。ちなみに箱のイラストは、マレーシアとは関係のないキャラで「大石うまみ」ちゃんだそうです。

商品は「ホワイトカレー麺」「スパイシー海老麺」「赤トムヤム麺」の3種。販売価格は250円、「株式会社アシストバルール」での取り扱い。すでに「北野エース」などの一部のスーパーマーケットで販売を開始している、とのこと。

「ホワイトカレー麺」は、カレーペーストとココナッツミルクパウダーがそれぞれ個別包装になっていて、混ぜてスープを完成させます。ゆで卵、ゆで海老、もやしをトッピングすれば、たしかに、現地のカレー麺にかなり近い味。濃厚でけっこう辛いので、人生に刺激が欲しい人にとくにおすすめです。

マレーシアから来日した食品メーカのブース

 

香り高いサラワク胡椒、保存のきく缶詰商品のブース

Topic3 サラワク州の黒胡椒、焼きココナッツ、ベリーズのチョコレート

マレーシアは胡椒の産地。とくにボルネオ島サラワク州では質のよい胡椒が育ち、「S&B」などの日本の大手スパイスメーカ―にも取り扱いがあります。胡椒はマレーシア料理に多様され、たとえばブラックペッパーソースの蟹や牛肉炒めなど。胡椒はマレーシア人の日常にかかせない味なのです。今回のFoodexで、サラワクの香り高き胡椒をもっと多くの人に知らせたい、と猛烈に思った次第。現地取材に近々行くぞー!(ということで「胡椒」の記事執筆依頼、受付中~。お気軽にご相談ください)。

そのほか、新商品「フィッシュ缶」「チキン缶」、肉厚のココナッツを8~10時間かけてじっくり焼いた「焼きココナッツ」、ローゼルの花を煮出した「ローゼルジュース」も注目を集めていました。 

 日本のおかしの材料として使われている「焼きココナッツ」。めちゃうまい! 商品の取り扱いは「大信実業」。「ローゼルジュース」は、ローズシロップの変わりとして、マレーシアで注目されている、とのこと。赤い色が天然由来のため、ローズシロップよりもヘルシーだとか

左は「インスタントカップヌードルランキング」で1位を獲得したことのある「シェフ Chef」。右は、マレーシアおみやげの定番「ベリーズ Beryl’s」のチョコレート。 ベリーズのチョコは、ココヤシの花のつぼみの蜜からつくるココナッツシュガーを使用、とのこと

そのほか、マレーシア以外のブースで気になったのは、インドネシアの「モリンガパウダー」。ビタミンや抗酸化物質を豊富に含む木、モリンガの葉を砕いたパウダーで、抹茶のような美しい緑色。パンにねりこんで色を付けたり、そのままパスタにかけて食すのだそう。神秘的なヘルシーフード、インドネシアらしいです。

シンガポールは、ロンドンのハロッズで扱われているプーアール茶を展示。ビンテージもので、135ドルで販売しているのだそう。美しいパッケージや陶器の入れもののセンスのよさは、さすがシンガポール。

毎年Foodexに訪れると、春がきたなぁと思うようになりました。新しいマレーシアの味に会えるのが楽しみです。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。